スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

熱く語り、ムカついた。笑

昨日は、まさかのこの場所で日本について熱く語りました。

久しぶりというか今までに無かった感じです。

こんなにも近い人たちから日本への思いを聞けた、話せたことはすごく楽しかったです。

自分の分からないところでみなさんそれぞれがそれぞれの思いを持っていました。

今まで誰も開こうとしなかった扉を昨日少し開けた感じです。

それには理由があり、これからみんなが卒業やら帰国やらでそれぞれの場所に散るんです。だからというのもあるとは思うんですがね。

日々の思いの半分も言えませんでしたが、どんなに意見がぶつかっても最終的な気持ちは一緒です。

大きく言うと、日本を変えたいという気持ちそれだけです。

それぞれがそれぞれ本当に多方面に散るような気がします。

でも、この場所で教育を受けて来たのは一緒ですし、一時期目指したもの(ATCという資格)も一緒です。

どこからどう攻めるかは、みんながそれぞれ攻める方法を考えてるんだなって感じることが出来ました。

なんだか嬉しかったです。これからもっともっと多くのことを語ることが出来たらなって思います。

いろんな方向からアプローチをかければ何かが起きるはずですから。



ある人が言いました。

変わるのを待つか、変えようと動くか。どっちがいいかってね。


自分の中で自分なりのアプローチの仕方は、ある程度固まりつつあります。

そこを目指して今走っています。

ここアメリカの小さな町ですら、密かに熱い人たちがいるんですから、日本にも他のアメリカの州にもいっぱいいるはずです。

みなさん、がんばりましょう。自分もがんばります。笑


と、話変わってムカついたことを。

いやぁ、久しぶりにムカついたので書きます。笑
そういうことを書くものか分かりませんが、自分のブログですから自由に書こうかなって。



私はあなたが思うほど大した人間ではない。



一番自分で言って欲しくない言葉を言ってくれました。

もしかすると、昔の自分も言ったことがあるかもしれません。覚えていませんが。
言われて気付いたら遅いかもしれませんが、絶対に言わないでおこうって思いました。

謙遜したのか何だかわかりませんが、人の評価すら否定されたようで何だか苛つきました。完璧な人などいませんが、それ言ったらおしまいですし、そんなこというもんじゃないと思ったので書きました。

自分に言い聞かせるためにも。

自分も言っていたとしたら謝ります。すいません。そんな自分は大嫌いです。

と思える今は、その時とは違う自分なんだなと思います。

最近、言葉の言うタイミングと言葉の意味に敏感です。

言うべきものと言わなくてもいいものって必ずあると思うんですけどね。



まぁ、気を取り直して明日からまた一週間がんばりましょう。

いやぁ、次の自分が楽しみだなぁ。笑

スポンサーサイト
2008-09-29 09:09 : 未分類 : コメント : 0 :

多くの人から学ぶことは多い

先輩から学ぶことはそれは当然のことである気がする。俺よりも先を生きているわけだし、その分いろんなことを経験していると思うから。

しかし、後輩からも多くのことを学べる。

自分と似たような状況の時に、自分ではこうしたがその子はこうやって乗り越えた、または乗り越えようとしていると。

まぁ、基本的に年齢は関係ないと思うんですが。。。。

大学の後輩がすごく面白いことを言っていてなんだかハッ!とさせられたので書こうと思います。

こいつは本当に面白い奴で、どちらかというといじられキャラなんです。でも、しっかりと自分の意思を持ち、いろんな角度からいろんなものを取られることができる奴です。なので、就職先も日本の中枢に決まりました。

体育大出身でもそういうところに就職出来るんだぁ。みたいな感じのところです。

マジでバカになれる人っていうのは、強いですよねぇ。賢いからバカになれるわけですからね。自分の中での賢いはテストの賢いではないです。テストとかも本当に重要だとは思うんですが、自分の中では人として賢いかってことです。こいつは本当にテストも人としても賢い気がします。

まぁ、自分がこんなキャラの奴が大好きだからってことなんですがね。。。笑

こいつが、後輩たちに呼びかけてるんです。

体育大なら体育大らしく、身体で覚えろって。(厳密にはこんな口調ではないんですが。)

そうだったなって。頭で覚えようとせずに、身体で感じて覚えろって。

確かに、頭で考えて覚えようとしてもほとんど入って来ないんですよね。笑 

でも、身体で覚えようと何度も失敗をし、何度も試行錯誤する中で覚えて来たものっていうのは多いんです。

スポーツがそうであるように。

とっさの判断の時に、自然と身体が動くくらいの練習をずっとして来たんですよね。僕ら体育会の人間は。

その瞬間に足が出る、その瞬間に手が出る、その瞬間に素早い判断ができる。

もうこれは頭で考えている時間では遅すぎるくらいの瞬間的な判断なんです。

それが出来るようになるために、日々練習してました。

ホント、身体が覚えるまで。

何事も身体で覚える姿勢って何か自分たちに合っている気がします。

身体で覚えます。すごく面白いなって。

後輩から教わりました。なんだかすごく嬉しいです。

ここアメリカは先輩とか後輩みたいな感じはありません。でも、自分は日本人のためその辺が根強く残っています。だって、日本人ですから。笑

友達とか仲間とかいう感じにはない、先輩後輩という仲にすごいパワーを感じます。先輩には言うまでもなく感謝し、後輩には助けてあげたいという気持ちも現れる。

アメリカにはないモノをこの関係で多く感じます。

母校の先輩後輩には、違うものを感じます。

まぁ、みなさんそうでしょうけど。笑

(ここはうっすい世界です。笑)




2008-09-23 02:42 : 未分類 : コメント : 2 :

たまには違う話題も。

結構アスレティックトレーナー関係が多かったので今回は違うので行きます。

自分の人生とほぼ一緒に歩んでいるサッカーについて。

日本からわざわざ取り寄せたものがあります。

最後のロッカールーム というDVDです。

これはあの正月に行われる高校選手権の裏側。ロッカールームでの一コマを映したものです。

嬉し涙を流している学校は、たった一校です。

自分もかつては目指していました。高校3年間、もしかしたらという思いで。

自分の目標は、もしかしたら国立とかではなく、もしかしたら二次予選。という小さな目標です。

自分の地元は一次予選と二次予選がありました。当時は。今もあるのかわかりませんが。。。

それで二次予選になると顔写真付きでパンフレットに載ることができるんです。

強い学校ではなかったので、それに3年間の内で一回は載るぞ!と決めていました。

が、一度も載ることができませんでした。

人生で一番最初に買ったCDが高校選手権の曲でした。笑

憧れの場所。

最終戦、涙なんて出なかった。いつもの試合と同じだった。今でも覚えている。

DVDの中の高校生たちは、一生懸命だった。

戻れるのであれば、戻りたいとも思う。

いつかあの場所に立ちたい。

そして、生徒たちと一緒に戦いたい。

立場が違えど、まだ自分はあそこの場所を目指している。

いつかは頂点に立ちたい。
2008-09-19 17:10 : 未分類 : コメント : 0 :

先日まで思いっきり書いてたのに。。。

先週まで思いをおもいっきり書きまくっていたのに、書くネタがなんだかありません。笑

無いわけではないんですけど、フットボールが嫌いになりそうになったり、やりたいことがめっちゃ出てきまくって全てが中途半端になりそうだったり。。。。

アメリカは先日NFLが開幕したように、この時期はフットボールがシーズンです。高校から短大、四大と全ての学校がフットボールで盛り上がっています。多くの留学なされている方のブログなどを勝手に拝見しているのですが、やはりみなさんフットボールのことを書いている方が大勢いらっしゃいます。

日本でも、フットボールファンの方は待ちに待ったという感じでしょう。

今、自分が高校に配属になっているということもあり、だいたい毎週金曜はフットボールの試合があります。

ただ、めっちゃいろんなことが起きます。

ホントにぶつかってフラっフラっな奴とかが出てくるんですから。

自分が高校生の時なんて、脳震盪なんて一度も見たこと無かったです。いろいろな経験をなされている方々はもう良い意味で慣れているかもしれませんが、自分はもう高校生でこんなんじゃいくら身体があっても足りねーだろって思ってしまいました。

まだまだ始まったばかりですし、フットボールを始めたばかりの生徒とかはタックルが下手だったりするんでしょうね。その辺は、コーチの方がうまく指導してくれると有り難いんですがね。。。。なんせ自分はフットボールの経験なんて無いので。あっ、フラッグフットボールはあります。基本的にコンタクトスポーツをやるのはあんまり好きじゃないんで。サッカー以外。笑

フットボールはいろんな経験が出来るからおもしろいっしょみたいな話になりますけど、そりゃぁねいろいろとやることはありますからね。

いろんな経験ってとこが、この職業の嫌なところで、怪我も無くなーんにも無ければなーんにも無いんです。マジで。(他のことで学ぶところはあります。ただ敢えて怪我に関してということで。) 暇なんですよね。暇じゃ何も経験できないんですよ。かといって、選手に怪我しろなんて言えないですし、誰か怪我しないかなぁ、何て思えませんからね。

僕らが忙しいってことは、それだけ多くの怪我人がいるってことですし、多くの怪我人が出たってことでもあります。

サッカーで言うと、GKが目立っちゃいけないってことです。ファインセーブしまくってたらそれだけシュートを打たれてるってことですからね。笑

まぁ、究極は暇であることが重要ってことですよね。しかし、そんなわけがないのが現実で、僕らの職業も成り立っているわけですよね。

と、アスレティックトレーナーを目指した方が誰しも通るような道をしっかりと通らせて頂きました。

高校生のフットボールが痛々しくて嫌になりそうでした。笑

やりたいことがめっちゃ出て来たというのは、いつものことなんですけどね。日本の大学にいたころからやりたいことがめっちゃ出て来ては中途半端でもいいからやりまくってました。笑

かなり貪欲に。







今、自分でこのブログを書いていて答えが出てしまいました。あの頃のように、中途半端でもいいからやりまくっちゃえばいいんだ。
答えは簡単でした。

大人になるってことは何かと理由を付けてしまうことなのかもしれませんね。

やりまくれば何かが開くはず。
2008-09-16 14:10 : 未分類 : コメント : 0 :

経験の重圧

いっぱい書きたいことが多くあるんですが、最近思うことを書かないとなぁって。

まずは、周りが卒業やら日本への帰国やらで慌ただしくなってきてるなぁって思います。いろいろと思うことはあるんですが、まずは自分のことのが大事なので人のことにはあまり口出しをしないようにしようかなぁって。聞かれたら何か答えようかなぁって。そんなことで自分の中では落ち着きました。まずは自分が一番肝心ですからね。

と、今回はこれくらいで本題に入ります。

経験の重圧。

これも夏に感じたことです。

少し書いたかもしれませんが、自分の得た経験が新しいことを始める時にそれがもしかしたら邪魔になってしまうかもしれないということです。

例えば、30歳近くこれからバリバリで働こうという、世間ではもう社会人5年目くらいになるような人たちと大学を卒業しての新社会人。

安く雇えるのは、どう考えても新社会人。

そして、すぐにいろんなことが吸収できるのは新社会人。(一般的な話ですので。)

のびしろもどう考えても新社会人かなとも思います。

実際の話、多くの実績、経験をしてきた優秀な人に安月給で来て欲しいなんて話がまず来るはずがないですよね。

だって、それしか評価してないと頼む方も頼まれる方も思ってしまいますもんね。そんなこと無いはずなんですが、そう捉えられても仕方がないですよね。

もうその時点で仕事の話が減りますよね。

それならまだまだそこで経験をさせて、自分の使いたいように使える新社会人を教育して行った方が採用する側としてもいいと思います。

専門的に大学院で勉強したりした人を必要としているところであれば、ある程度の経験や実績が必要となるでしょう。

ただ自分の進むべき場所、生きる場所が何を望んでいるのかそれを知った上で自分の道を見つけて行かないとダメだと感じました。

自分の目指す場所は、果たして何を望んでいるのか。どれだけ自分に価値を見出してくれるのかそれだと思います。

君の実績や経験は評価したいけれど、君を雇う金を出せないと言われたらそれまでですよね。

だって、いくらでも若い人たちは出てくるんですから。

若い人たちと戦うための武器、それが実績や経験だと思っていたのですがそれが今邪魔をするんじゃないかと思っています。

全てがそうだと言うわけではないですよ。評価されてないわけではなく、むしろ評価を受けている、けれども社会がまだそれに着いて来れて無いだけなんです。

現場もできればお金を出したいと思ってるんです、でも正直そこにお金を出せないんです。それが現状なんです。いくら自分たちの立場が認知されて来たと言ってもまだそこまでお金を出せないんです。

ちなみに、自分が見た現場だけのことなんで、全てがそうだとは思いませんので。実際に見て感じてもらったのがそれが事実ですから。


最近思うことでもう一つ、

日本を変えたいのなら、戦う場所はここアメリカじゃない。

日本で戦うべきなのに、アメリカ人と戦ってアメリカ人が働く仕事を採って日本を変えることができるのならば、アメリカで戦うでしょう。

しかし戦場は、日本のはず。

日本刀を持った日本人と鉄砲を輸入した日本人が戦うといったような感じかな。

そうやって、日本も変わって来たのだから、やっぱり変えたい場所に攻め込むしかないんだな。自分たちのものにしたいから日本に乗り込んだと思うんだよねぇ、昔の人っていうのはさ。外国に限らず、国内でも自分たちの領土にしたいから敵地に乗り込む。それが普通だもんね。

もっと経験してもっと実績を積んでとか言ってたらキリが無い。だって、日々変わって行くものだから。

だから、見切りをつける必要がある。

だから、見切った人は強いはず。

でも、今自分がやっていることは鉄砲を作る技術を学んでいるところ。うーん、経験や実績を積んでるところなのかな。そう考えると矛盾してるなぁ。まぁ、作り方だけ教えてもらって、作る資格を与えられたらそこから先は自分でアレンジしていけばいいはずなんだと思います。



ブログでは本当に言いたいことが全て伝わらないと思うし、間違って伝わっているところもあると思います。本来ならば多くの人と面と向かって話したいんです。でも、自分は一人しかいないし、世界にいる人全員に会うことは難しいのでこういった形で思いを伝えるしかないんですよね。

もっともっと考えを思いを共有したいんですよねぇ。

何かを感じてもらえたら嬉しいです。


経験や実績はとても大事なことです。ただそれだけに集中してしまうのは、どうかなって思ったので。むしろ人よりは多くの経験や実績は必要だと思います。我慢も大事だと思います。自分が若いのであれば特に。

次は。。。。。

何かなぁ。また考えてから書きます。意外と楽しいね、こういうの。笑

2008-09-08 15:54 : 未分類 : コメント : 0 :

次の議題が決まりました。笑

経験の重圧について書こうかなぁって。

また長くなってしまうのかな。。。。

いやぁ、もう9月っすね。

早いなぁ。年が変わるのもあっという間だと思います。

っていうのを毎年毎年思っています。

何も変わらないなぁ。

まぁ、時間が進むってことは唯一不変的なものですからね。
2008-09-07 02:32 : 未分類 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

Author:tsuboyoshi28
日本の大学を卒業後、英語の勉強を全くせずにどうにかなるだろうと渡米、カリフォルニアにあるサンノゼ州立大でアスレティックトレーニングを学んでいます。
将来的には、日本の高校にアスレティックトレーナーを配属させることが目標です。
そのために、今必死こいてアメリカにいます。
現在、NY州にある高校で働かせてもらっています。日々勉強、日々考えさせられる生活をしています。

カテゴリー

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。