スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スポーツ界の海外進出

プロスポーツで特に野球やサッカーでは多くの選手が海外に進出している。

しかし、今回は選手の立場ではなく、監督やコーチの海外進出が目立ってきたように思う。

ちなみに、お隣韓国のチームに日本人のコーチが加入したのである。また、韓国サッカー協会と契約した方もいる。
これはかなりすごいことなんじゃないかなって。
http://www.vissel-kobe.co.jp/whatsnew/wn_1351.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/110121/scg1101211231000-n1.htm

ライバルと言われている韓国に。
日本人のコーチが行くっ!!!!!

例えば、阪神の監督だった岡田監督や星野監督が巨人に行っちゃうみたいな。
鹿島アントラーズのオリヴェイラ監督が来季は浦和レッズの監督になっちゃうみたいな。
鹿島ディアーズの監督が来季はオービックに行っちゃうみたいな。
とまぁ、他のスポーツの例えが出てきませんが。笑

きっと、こんな感じですよね。ちょっと違うかな。笑

ちょっと前に、シンクロの井村監督が中国のコーチになった報道がされた時は本当に賛否両論の声があったのではないかと思います。

報道がメインになってしまいますので、本当かどうか分かりませんが。
指導者の価値を協会があまり分かっていないというような報道もあり、それであればライバル国に行って結果出しちゃえみたいな感じですかね。
実際、シンクロの中国は結果出してるし、監督は中国の選手に比べ、日本の選手の大会に掛ける気持ちは低いなどのコメントがあったりと、日本人なのに日本人を批判して、もっともっとがんばれって励ましているんでしょうけどね。
日本人は、褒めて伸びる感じでもないし。
競技自体、褒めて伸びる世界でもないのかもしれないし、でももしかすると中国の実態は日本の少し昔の指導体制を真似したいだけかもしれない。
日本のシンクロ界は、新旧の交代を考えての決断かもしれないし、そう考えると井村監督は昔の人となってしまうのかもしれない。
その辺の考え方が難しい。今は結果は出てしまっているし、もしかすると長い目で見たら、日本と中国の立場が逆転しているかもしれないし。

ただ、スポーツの目標は本当に難しく100年も200年もスポーツは続いていくと思う。
日本の世界を変えるにはどこに照準を合わせればいいのだろうか。
ロンドンに合わせるのか、14年のブラジルに合わせるのか。

海外に出て行った選手の動向はかなり気になるが、今後は選手以外のコーチの動向も気になるようになりました。
何だか面白くなってきた。笑
スポンサーサイト
2011-01-29 01:19 : 未分類 : コメント : 0 :

2011年

ほとんど更新せずに2011年が来てしまい、そして、もう1月も終わりです。

はえー。

2011年も宜しくお願い致します。

年末には、日本に帰り、多くの親戚に会うことができ、忙しい年末年始でしたが、楽しく過ごせたと思います。

親戚以外にも多くの方に会うことが出来ました。

大学の先輩、たまたまブログを見ていた地元のアスレティックトレーナーの方、プロサッカー選手、地元のサッカーチームのトレーナーの方、先輩、後輩、友達などなど。

12月に初めてフットボール学会というのに密かに参加。そこで人生初の名刺交換。笑
なんか緊張しました。
そこでは、かなりの運命的な出会いがあり、今後の自分にもかなり影響があるであろうという感じでした。こんな機会を作ってくれた大学の先輩に感謝です。ありがとうございます。

そして、海外で常に挑戦し続けるプロ選手との昼食。
めっちゃ、かっこよかった。変な意味ではなく。
彼が言った言葉でかなり印象的だったのは、

真剣勝負がしたい。

生活をかけてプレーしているわけで、サッカーが仕事なわけであるからそりゃぁ真剣勝負になりますよね。
自分自身、真剣勝負をしているかなと考えさせられました。


そして、地元サッカーチームのトレーナーの方、約3年前からの付き合いになります。自分がどうにかやらせてもらったインターンで日本の環境を言葉でも身体でも感じさせてもらいました。
今では、日米間の感覚の違いや意見の違いについて、またはチーム内のオフレコの話も聞かせてもらっています。また今回も、いろいろと話をしました。楽しかったぁ。

親戚のことも書いておこうかな。読んでくれているとのことですから。笑
本人は忘れてしまっているそうですが。。。悲しい。笑
ホントに彼が小さいころは一緒に遊び、僕が家に帰ろうとすると嫌だと言われ、一緒に泊まったり、一緒に寝たりと本当にかわいい子だったんです。
今では、自分よりも大きくそしてあの頃と変わらないえくぼのある笑顔。
またまた、自分の学生が人の倍以上の時間がありましたので、社会人では2年目で全くの一緒。社会人では同期という何とも言えないこの立場。。。
しかし、教育現場に興味を持ち、東京の方で教員をしています。すごく人のことが分かる良い青年なので教員には向いていると思いますし、あんな先生に教わった生徒は幸せ者だろうなぁと思っています。
これからの長い教員人生楽しくやってください。教員は堅いイメージもあるので、適当な感じも必要だと思います。笑

とまぁ、親戚愛はこれくらいにして。
本題に。
めっちゃ長い前フリになってしまいましたね。
なので、次に書きます。
2011-01-29 00:46 : 未分類 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

tsuboyoshi28

Author:tsuboyoshi28
日本の大学を卒業後、英語の勉強を全くせずにどうにかなるだろうと渡米、カリフォルニアにあるサンノゼ州立大でアスレティックトレーニングを学んでいます。
将来的には、日本の高校にアスレティックトレーナーを配属させることが目標です。
そのために、今必死こいてアメリカにいます。
現在、NY州にある高校で働かせてもらっています。日々勉強、日々考えさせられる生活をしています。

カテゴリー

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。