スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

一ヶ月が終わった。

前回からかなり更新が遅れました。。。

ホームは、まさかの敗戦。そして、2位の決戦も負け、2連敗でした。

自分が関わってからは1勝2分2敗。決して良い成績ではありませんでしたが、選手は切り替えているはずです。

リーグ戦で良いときもあれば悪いときもある。これは当然だと思います。いかに切り替えて次に進めるかだと思います。

彼らはやってくれるはずです。

小さい頃、自分もプロを目指しました。サッカーが好きで大好きで何よりもまずはサッカーのことを考え、多くの方が持った夢と同じ感じでした。

中学生の頃、成長の遅かった自分はみんなが声変わりする頃まだまだ子どものような高い声をしていました。

音楽の授業で先生にもまだ声変わりしていないからみんなよりキーが高いとも言われました。笑

身長も前から3番目。走るのもみんなより遅くなり、というかみんなが速くなった。リレーの選手にもなれなかった。そして、サッカーもベンチの日々が続いていた。

その時に出会ったアスレティックトレーナーという職業。これならプロに近づけるかも。と中学生の頃、思った。

ただプロの世界というものがどんなものかわからなかった。なぜなら、自分の住んでいるところにプロのチームなんて何もなかった。サッカーも野球も。全てのスポーツにおいて。

実際に練習を観に行くには本当に大変なおもいで行かないといけなかった。そのため、ほとんど見たことなんてなかった。

それが、地元にプロのチームができつつある。そして、少なからず短い時間ではあったがプロの選手たちに携わることができた。それも地元のチームで。

チームの練習場は、自分が小学校の時の最終戦の場所や暑い中一日何試合も行った選抜での試合の場所。まさかあの場所にそんな形で戻るとは思わなかった。

前回も書いたが地元は保守的な考えが強い。そのため新しいものを受け入れる心構えができていない。そんな中、一部の人たちがすごくがんばっている。問題は多々ある。これじゃ無理だろうと感じるところもある。

でも、彼らは何もないところで自分たちがやると手を挙げ、ここまで来た。考えが甘いのかもしれないが素晴らしいと思う。

自分を育ててくれたあの場所、悔しい思いしかしなかった選手時代、自分が成長したことであの場所に恩返ししたい。

一ヶ月を終えてのブログ第一回は地元について。でした。笑

第二回は、本題のアスレティックトレーナーとは。についてです。

スポンサーサイト
2008-08-24 03:01 : 未分類 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tsuboyoshi28

Author:tsuboyoshi28
日本の大学を卒業後、英語の勉強を全くせずにどうにかなるだろうと渡米、カリフォルニアにあるサンノゼ州立大でアスレティックトレーニングを学んでいます。
将来的には、日本の高校にアスレティックトレーナーを配属させることが目標です。
そのために、今必死こいてアメリカにいます。
現在、NY州にある高校で働かせてもらっています。日々勉強、日々考えさせられる生活をしています。

カテゴリー

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。