スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

社会

社会には、本当に色々な人がいる。というのを社会であろう社会に出て感じている。

デリカシーの無い人や自分の仕事以外に口を出す人などなど。本当にいろいろな人がいる。

まだまだ未熟な自分は、そんなことに毎回腹を立てている。

かと言って、新米なので何も言い返せない自分がいたりと本当に嫌になる。

働くということはそういうことなのだろうか。

分業がしっかりしているアメリカですら、こんな感じなのだから日本なんてマジで考えられない。

最近は、ちょっとしたことがあり、将来についていろいろと考えさせられている。

自分へのモチベーションの上げ方の一つとして、次のステップに行くにはどうしたらいいのかと考えている。

学生の頃は、本当にいろいろなことを考えていたし、考えることができた。

そして、何でもできそうな気がした。

とこんな感じにして。

秋のシーズンも残すところ後数週間というところまで来ている。

今年は、去年に比べどのスポーツもレベルが落ちた気がする。

高校生くらいの世代には、勝つこと以上の何かを教えなければいけないのだろうけど、勝つことへの気持ちが何だか違うとこちらも力が抜けてしまう。

ここの生徒は、ほぼ100%の確率で高校生活でスポーツから卒業する。言い換えると、真剣なスポーツ現場からはと言えば良いのかな。

そう考えると、ここで頑張らないとここで考えてプレーしないと一生このグラウンドには帰って来れないんだという気持ちになるのだが。。。。。

ただただ焦りだけが進んでしまい、何も見えなくなっているチームが多い気がする。

残りの試合をどうのように戦ってくれるのか本当に楽しみではある。

去年一度だけ生徒に言ったことがある、

"内容が良かった"何て言葉は聞き飽きた、俺は勝ちが欲しいって。

でも、その時は自分の立場を間違えたと思い、二度と言うのは止めようと思った。

なぜならその言葉が生徒には届かなかったから。

自分のいたい場所と自分のいる場所にギャップがあるのかもしれない。

ただ、それがはっきりと見えてこないからここにずっといたいという気持ちもあるのかもしれない。


スポンサーサイト
2010-10-13 02:47 : 未分類 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tsuboyoshi28

Author:tsuboyoshi28
日本の大学を卒業後、英語の勉強を全くせずにどうにかなるだろうと渡米、カリフォルニアにあるサンノゼ州立大でアスレティックトレーニングを学んでいます。
将来的には、日本の高校にアスレティックトレーナーを配属させることが目標です。
そのために、今必死こいてアメリカにいます。
現在、NY州にある高校で働かせてもらっています。日々勉強、日々考えさせられる生活をしています。

カテゴリー

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。